無借金が本当にいいのか?事業歴10年以上の歴史を今振り返ってみえてくる3つの事柄

3月 30th, 2014

 

 

事業を継続したり、事業を拡大するには資金が必要です。十分な資金がある会社では、お金を借りることなく事業を展開することができるようになるでしょう。しかし、ほとんどの企業では、自分で資金を得ることができないので、融資を受けて会社を経営しています。そこで、多くの会社では、事業を拡大するために借金をしているのです。しかし、借金なしで事業を行なう会社であってもよいのでしょうか。このことについて3つの事柄について考えてみました。

 

1つめに、借金がないまま事業を続ける会社では、事業の拡大が難しくなります。かつては無借金経営の代表格だったトヨタがありました。トヨタでは、自己資金で経営することができたのですが、トヨタは世界的な会社に成長する中で、会社経営を維持しなければならなくなったのです。そこで、いまでは資金を借りているそうで、そこのとから無借金で経営している企業でもいずれは資金を必要として借金しなければ、事業を継続することができなくなるということがわかるのです。

 

2つめに、無借金だと事業の拡大がしにくいということがあります。資金を借りずに会社経営ができても、事業を拡大するときには、新たに自分で資金を準備することが大変です。そこで、事業拡大では、金融機関からお金を借りることが多くなるようです。このように借金をしなければ、会社の成長に合わせて拡大していくということは難しいことになっていることがわかります。

 

3つめに、会社経営では無借金よりも資金をかりたほうが会社の成長に効果的で、借金をすることでレバレッジ、つまり「てこの原理」が効かしやすいと考えられています。融資によって資金を得ると自己資金よりも多くのお金を動かすことができるようになるのです。そのことから、利益も大きくなりますので、無借金で経営するよりも資金を借りた方がよいのです。

 

無借金で経営していても会社の拡大を望むことになると、このままではいけないことがわかります。

そこで、積極的に経営していくには融資を受ける必要があるのです。

 

気づかずに自滅!キャッシングの申込みに隠された3つのトラップ

3月 28th, 2014

 

 

お金が必要となったとき、キャッシング申し込みすることになるのですが、この申し込みでは、注意しなければならないことがあります。この点についてしっかり自覚していないと審査に通らなくなるのです。

 

キャッシング申し込みで気をつけるべきことは、まず、1つに、申込みは信用情報機関の履歴に残るということを知っておくべきです。これさえしっかりとしておくと、審査においては問題がないのですが、返済が多くなって延滞が多くなると信用情報に傷がつくようになります。そこで、普段からクレジットヒストリーを意識して利用していないと、キャッシング申し込みでは、審査に通らなくなることがあるのです。そこで、キャッシング申し込みでは、信用情報をみて審査され、融資が行われるようになりますので、この点について注意するべきとされているのです。

 

2つめに、1度に3社以上は審査が不利になるということを理解しておかなくてはなりません。これは以外と知られていないことなのですが1度に3社以上申込むことは、どのような目的であっても返済において困るようになることが考えられるものとなっています。また、きちんと返済が行われるとは思えないことから、一般的に審査が不利になるとされているのです。このことを理解しておくと、上手にキャッシングを利用することができるようになります。

 

3つめに、1度に3社以上の申し込みでは、審査において不利となるのですが、この申し込みが多いと申込みブラックになることがあるのです。あまりに多い申込では、通常の利用とは捉えにくいこともあることから、審査ではストップされることになるのです。そのことから、むやみに複数のキャッシング申し込みを行なうことは避けるべきとしているのです。

 

このように、キャッシング申込では、隠されたわながあることを認識しておくべきとされ、審査においては信用情報や申し込み件数に注意することに気をつけなければならないのです。

昔ブラックだった俺でも借入できた!間口の広い3社を比較!

3月 24th, 2014

 

 

以前多重債務に苦しんで、結局返済不能となって債務整理をした私ですが、債務整理して7年目に再びキャッシングカードを作ることに成功しました。

もちろん昔のような失敗は繰り返さないように、今では無理にキャッシングを利用することがないような生活を心掛けています。

ここでは昔はブラックだった私達でも審査に通りやすい3つのおすすめ消費者金融会社を紹介します。

 アコム

まず1番目におすすめなのが、消費者金融会社としても最も指名度があると言っても過言ではないアコムで、アコムでは即日融資も可能となっていて、24時間いつでもパソコンから申し込み可能となっています。

アコムでは直接店舗に行かなくてもその日に融資可能な自動契約機の「むじんくん」を全国に設置しているので、窓口の営業時間外でも便利に利用できるようになっています。

アコムでは全国に提携ATMを用意していて、特にコンビニのATMでは24時間利用可能となっているので、仕事の帰りが遅いサラリーマンでも便利に利用できるようになっています。

 モビット

次におすすめの消費者金融がモビットで、モビットは最近CMで最も有名な消費者金融となっています。

モビットのサイトからは簡単入力で融資可能かどうかがチェックできるようになっており、審査OKならそのまますぐに手続きに進むことができるようになっています。申込みから借入まで全てオンラインで対応可能となっていて、会員専用サービスも非常に充実していて、利便性の高い業者として人気があります。

 ノーローン

そして短期の借入では最もおすすめなのがノーローンで、ノーローンでは何度でも利用できる1週間無利息サービスを提供しています

何と言ってもキャッシングで一番魅力的な無利息サービスを、何度でも利用できるところが、ノーローンの最大のおすすめポイントとなっています。

さらに申込みから契約も早く、融資や返済は24時間インターネットからの利用ができるようになっていて、土日や夜遅くても手数料無料で手続きできるようになっているところも大きな魅力となっています。

・プロミスレディース

3月 20th, 2014

 

〈特徴〉

プロミスレディースの「レディースキャッシング」は、一人では来店しにくい、相談しにくいといった女性のための専用キャッシングサービスです。女性の利用者専用のダイヤルが用意され、女性オペレーターが申込みや各種の取引きなどの相談に応じてくれます。

また複数のローンを一つにまとめることで毎月の負担軽減がはかれるおまとめローンは、Webによる受付は実施されていませんが、来店による申込みの後、店頭窓口の自動契約機やお客様サービスプラザで申込むことができます。

おまとめローンの融資額は300万円まで。契約額等は同社の慎重な審査の上で決定・実施されます。借入利率は6.3%17.8% (実質年率)で、返済期間・返済回数は、 最終借入後から数えて最長10年・1回~120回と規定されています。

20才~65才までの安定した収入のある方であれば、主婦の方や学生、パート・アルバイト、派遣社員の方でも申込めます。同社のレディースコール(電話)を利用し、ひとまず相談してから決めるという方法もありそうです。

 

〈まとめ〉

プロミスレディースの「レディースキャッシング」は、女性利用者専用のダイヤルを設けるなど、きめ細かな対応で新規の女性客を獲得しています。またその一方で、おまとめローン、自営者カードローン、目的ローンなど用途別に商品を開発し、さらなる客層の拡大をはかっています。

ちなみに自営者カードローンは、自営業者を応援するもので、即日融資可能・最大300万円までの利用限度額が受けられる商品です。目的ローンは、教育資金や結婚資金など使用目的が定まっている方を対象としたローンです。

商品を細分化することで審査内容をより細かくし、融資後の利用者の過度な負担を減らす融資額を提案、それによって無理なく安心できるライフプランを支援していこうという方針のようです。

おまとめローンによる融資額の使い途は、他の貸金業者からの借入金返済(消費者金融・クレジットカードなどでのキャッシング)に限られますが、サラリーマンや主婦を対象に多くの方々から利用されています。

・プロミス

3月 18th, 2014

 

〈特徴〉

プロミスは、Web契約による即日契約も可能なフリーキャッシングという呼称で商品を販売しています。最大500万円までのご利用限度額内であれば出し入れ自由で、担保も保証人も不要、「運転免許証」などの本人確認書類を提出すれば、その場で審査、その場でキャッシングが可能になるというものです。

また複数のローンを一つにまとめることで毎月の負担軽減がはかれるおまとめローンは、Webによる受付は実施されていませんが、来店による申込みの後、店頭窓口の自動契約機やお客様サービスプラザで申込むことができます。

おまとめローンの融資額は300万円まで。契約額等は同社の慎重な審査の上で決定・実施されます。借入利率は6.3%17.8% (実質年率)で、返済期間・返済回数は、 最終借入後から数えて最長10年・1回~120回と規定されています。

20才~65才までの安定した収入のある方であれば、主婦の方や学生、パート・アルバイト、派遣社員の方でも申込めます。

 

〈まとめ〉

プロミスは、最大500万円・限度額内で出し入れ自由、即日契約も可能なフリーキャッシングをメイン商品として販売する一方で、おまとめローン、自営者カードローン、目的ローンなど、用途別の商品をつくって客層の拡大をはかっています。

ちなみに自営者カードローンは、自営業者を応援するもので、即日融資可能・最大500万円までの利用限度額が受けられる商品です。目的ローンは、教育資金や結婚資金など、あらかじめ使用目的が決まっている方を対象としたローンです。

商品を細分化することで審査内容をより細かくし、融資後の利用者の過度な負担を減らす融資額等を提案、それによって無理なく安心できるライフプランを支援していこうという方針のようです。

おまとめローンによる融資額の使い途は、他の貸金業者からの借入金返済(消費者金融・クレジットカードなどでのキャッシング)に限られますが、サラリーマンや主婦を対象に多くの方々から利用されています。